【人妻に大人の色気を感じるワケ】内外的要因を詳しく考察した結果

人妻の色気サムネ 福岡風俗コラム
福岡風俗コラム

「人妻の魅力とは何か?」

ネットで調べてみても”背徳感が魅力的”だとか、”大人の色気がある”など考えつくものばかり。

確かに言ってる”意味”はわかるのだが、どこかふわふわとして具体性がないように感じる。

何故、人妻に対して欲情してしまうのか?
今回は人妻の魅力とよく挙げられる中から、
「大人の色気とはどういった部分なのか?」について掘り下げて考えてみようと思う。

内と外の要因が大きく影響している事実

「大人の色気」と聞いた時に浮かぶイメージは人それぞれ異なるとは思う。

おそらくは「顔」や「しぐさ」「性格」などといった「雰囲気」で感じ取る部分が強く、抽象的なものが多いのではないだろうか。

それもそのはずで、色気にはその言葉を明確に裏付ける明確な定義が存在しないからだ。

色気とは異性の心を惹きつける”性的魅力”を指す言葉であり、”要因”となると個々の捉え方が主体となるので一概にこれだと答えるのは難しい。

だが、頭の中で漠然としていては分かり辛いと思うので、まずはどのようなものが色気だと思われているの見てみよう。

一般的には、「女性的魅力」や「男性的魅力」などといった性的な要素が好意的に受け止められる場合や、それによって恋愛感情や性欲に関連した行為を喚起させるような雰囲気や様子を指して「色気」と表現することが多い。
引用:https://ja.wikipedia.org//wiki/色気

上記のwikiにも記述されているように、
色気とは一般的に、その人の持つ容姿やファッション、
または仕草や言葉遣いなどが要因として挙げられていることからも、多種多様であることが分かる。

では、「性欲に関連した行為を喚起させるような雰囲気や様子」とは具体的にどういったことなのか?

まずは、ファッションや容姿等を「外的要因」。しぐさや性格等を「内的要因」に分けて考えいこう。

真の外的要因は身体的特徴ではない!?

人妻の特徴はと聞かれると「女性特有のしなやかな肢体を持った女性」という外見的特徴を指す回答が目立つ。
端的に言ってしまえば、女性らしい腰のくびれや、ふっくらとした体付きが人妻と考えられているようだ。

確かに、経産婦などは特にわかりやすく体に出てはいるが、別に経産婦だから外的魅力を感じるというわけではない。
若年で結婚し、子供がいない人妻にも同じように魅力は感じる方が多いことが、それを証明している。

では、人妻に視覚的に感じる真の特徴とは何なのだろうか?
自分が考えるにファッションが人妻を示す最大のアイコンではないかと考える。

未婚の若い女性よりも露出が少なく色気とはかけ離れているように感じるのでは?と疑問に思う方もいるだろう。

確かに、シンプルなデニムにシャツ姿や大人っぽいワンピースなどを着ている方が多く露出させることは少ない。
ならば、どこに色気を感じるのだろうか?

“さりげない露出”や”不意に生じる露出”というものが大いに関係している。

ワンピースなど前開きで胸を強調している服も嫌いではないが、どうにも「私を見て!」と主張が強い。
エロくはあるが、主張が強いことから色気には程遠いように感じる。

つまり”さりげない”が抜け落ちることで”エロ”さが際立ってしまい”色気”が抜け落ちてしまっているのだ。

しかし、わざとなのか?それとも無意識になのか?
“さりげなく”かつ”不意”にわずかに見える肌にこそ想像力を掻き立てられものがある。
“見えそうで見えない”一種のチラリズムが”色気”を生み出すのではないか。
そこに”押し付けがましさがない”というものがプラスされてはじめて”上品な大人の色気”が成立すると自分は考えている。

年齢相応を意識しつつ過度な露出を意図的に避けたファッションから現れる女性の肌だからこその希少価値が奥ゆかしさを生み出す。
これが”大人の色気”の必須の条件と言えるのではないだろうか。

内的な要因の重要性とは?

外的要因と同じくらいか、下手をするとそれ以上に重要なのが、内面な要因だ。

よく言われるものに”無防備”や”落ち着いている”など、字面だけでは”色気”と無縁そうな言葉も実は重要な要素だ。

無防備に見える理由

まず、無防備という言葉から紐解いていこう。

結婚している女性は、無意識的に”女として見られていない”と思っている。
これは、配偶者という決まったパートナーがいる自分に対して好意を寄せられることはいないだろうという考えから、
男女という性別ではなく、婚姻関係というものが成立していることを前提条件として考えているからである。

婚姻関係にあるパートナーがいない場合、男女に限らず異性を意識することが多いのには理由がある。
それは、法的に縛られていないや交際段階では、相手を選ぶ自由が存在していることが大きいからだ。
それゆえ、婚姻関係が成立した女性に限っては結婚や子供ができると”女”ではなく”妻”や”母”である自覚が醸成され男性に興味がなくなってしまうことが多い。

特に子供が出来た女性は顕著にその特性が表れる。基本的に自分ではなく子供中心の生活になり”母であるという自覚”が強く表れてしまう訳だ。
結果として悪い事ではないのだが、男性からすると自分に気が回っていない姿が無防備に映ることが多いということになる。

日常の例でいえば、女性が少し前かがみになった時、服がはだけて胸の谷間が見えてしまうような場合、
未婚女性は瞬時に人の目線が気になり隠すようなそぶりをするだろう、しかし人妻である彼女達はそもそも男性の存在に対して何とも思っていないため特に気にしないことが多いのが現実だ。

しかし、男性からしてみると服の胸元が不意にはだけているのを目撃してドキッしない方はいないだろう、こういった姿から無防備な姿だと感じる原因だろう。

だが、そんな中にあっても例外が存在する。
それは、風俗で働いている”人妻”だ。
彼女たちは、今まで子供を育ててくることに精一杯で「忘れていた女性としての喜び」を取り戻そうとしている場合が多かったりもする。

人妻風俗嬢の中には無防備な姿とは何なのかを感覚的に理解しているのか、意図的にもかかわらず自然に
「男性に見せつけてアピールしている」という高等なテクニックを駆使してくる者も多かったりする。

どちらにせよ、嬉しいことには変わりないのではあるが。”無防備”というものは内的な要因として考えるのは当然の流れと言える。

落ち着いた雰囲気について

先に説明した”無防備”に次いで外せない要素が”落ち着いた雰囲気”だ。
一見すると、”無防備”の対極ある印象を受ける言葉であるが、自分は決して外せない要素であると考えている。

婚姻関係が成立すると様々な制約や発生すると同時責任が生じる。
一人での生活とは違い、金銭の収支をはじめ、全てが家族との生活へと直結するようになる。
浮ついた状態で行っていくことは出来ないので”落ち着いてくる”のは必然であると言える。

こういった経緯から生まれた”落ち着いた雰囲気”が年齢に関係なく備えた女性を”大人”と感じる理由なのかもしれない。

経緯は分かったとしても”無防備”と”落ち着き”が矛盾している気がしてならない?

なぜ、人妻の魅力を語る場合において”無防備”と”落ち着いた雰囲気”という一見対極に見える言葉は成立するのか?

それは”人妻”が置かれた状況に起因する。

1・子供を持つ”母”としての自覚(責任)が女よりも母であることを優先させる。→ 責任を優先することから”落ち着いた雰囲気”
2・”妻”であり”母”であり”異性として見られことはない”という意識 → “無防備”さが生じる

つまり、1と2という関係が成立するからこそ生まれるのが”落ち着いた雰囲気”なのだ。

大人の色気を感じる源泉とは

人妻から大人の色気を感じる理由について、
「外的要因」「内的要因」それぞれどのような理由があるのか考えてみたが、
意外にも2つの要素が複雑に繋がりがって成立しているというのが自分の意見だ。

人妻から感じる大人の色気とは故意に作り出されたエロさではない。
人妻という状況が生み出した要素が、
ごく自然に溢れ出た上品なエロス
それが”大人の色気の定義”と考えて問題はないだろう。

タイトルとURLをコピーしました