チケットを買わなくても大丈夫!福岡で大相撲九州場所をより楽しむテク、教えます!

※福岡国際センター(提供・福岡市)

こんにちは。係長です。

大相撲九州場所の初日(11月11日/福岡国際センター)が近づいてきましたね!

先場所(九月場所)は白鵬・鶴竜・稀勢の里の3横綱がそろい踏み。その中で横綱白鵬が貫禄の強さを見せて5場所ぶりの優勝を飾り、おおいに盛り上がりました。

それだけに九州場所を楽しみにしている福岡県民も多いことと思います。

しかし相撲人気が高まったおかげで、人気のマス席や週末などは、チケットを押さえるのが難しくなっています。

せっかくの九州場所も、チケットが購入できなかったという福岡の相撲ファンも多いことでしょう。

今回はそんな福岡の相撲ファンや、「少し相撲に興味があるけどチケットを買うほどでもない」という方のために、「会場に行けなくても大相撲を楽しめる」テクニックをお伝えしようと思います。

無料なのに人気力士が至近距離に!稽古見学に行こう

通常、力士たちは11月上旬に福岡入りします。九州場所を含めて3~4週間ほどを、各相撲部屋は福岡市内近郊に宿舎を置き、稽古をしながら過ごします

宿舎はお寺や神社、公民館といった施設を利用していることが多いのですが、稽古を公開している相撲部屋が結構あるんですよ!

宿舎の住所や稽古の公開・非公開については、各相撲部屋の公式サイトやSNSなどで紹介されていますし、場所前になると地元の新聞や相撲専門誌に一覧表が掲載されます。

どなたでも簡単に調べられますので、まずは情報をチェックしてみましょう。

間近で見る力士たちの迫力は凄まじいの一言。稽古を公開している部屋の宿舎がお近くにあるなら、ぜひ一度訪れてみてください。

なお、場所直前・場所中はピリピリしている力士もいますし、大相撲の稽古は一歩間違えれば大怪我につながりかねない激しいものです。

「見学者は私語禁止」
「携帯電話の電源は切っておく」
「写真撮影の際はフラッシュをたかない」

以上のような基本的なマナーや、各部屋や宿舎が設けているルールを必ず守るよう心がけてください。

元力士が経営しているちゃんこ店、福岡にもあります!

福岡と言えば、もつ鍋や水炊きといった有名な鍋料理がいくつもあり、力士たちが食べるようなちゃんこ鍋を提供するお店も結構存在します。

名店・人気店も多くなかなかお店を絞りきれませんので、今回は福岡市内で元力士の方が経営しているちゃんこ鍋を食べられる2店をご紹介します!

2店とも、店内には力士のサインや手形をはじめ、番付表、力士の写真やポスターといった相撲グッズが所狭しと飾られています。

相撲ファンなら店内の雰囲気だけでも、充分に楽しめることでしょう。九州場所中は大勢の相撲ファンで店内は賑わいますから、隣り合った客と相撲談義を交わすことも楽しめます。

何より、相撲部屋で実際に力士たちが食べていたものと、同じちゃんこ鍋を味わえのがうれしいですよね。

※店舗情報は2018年10月時点のものです※

福岡赤坂ちゃんこ居酒屋とも喜

※福岡赤坂ちゃんこ居酒屋とも喜女将のときどきグルメ日誌(http://hitomik236.hatenablog.com/)より

ちゃんこ鍋を中心とした居酒屋です。名物の「塩ちゃんこ」は鶏ガラをベースとした、豪快ながらも10種以上の九州産野菜と多様な肉の繊細な味が楽しめると評判。

その他各種ちゃんこや福岡名物の一口ギョーザ、アルコールの種類も豊富に揃っています。

地下鉄・赤坂駅から徒歩数分とアクセスも良いので、相撲観戦後や仕事帰りに立ち寄ってみてもいいかもしれませんね。

店舗名:福岡赤坂ちゃんこ居酒屋とも喜
住所:福岡市中央区赤坂1-6-15 日新ビル1F
電話番号:092-724-5600
営業時間:17時30分~24時(日・祝は23時まで)
定休日:不定休

ちゃんこ御島

※ちゃんこ御島公式HP(http://chanko-mishima.com/)より

オーソドックスな鶏出汁をはじめ、つみれ、カレー、味噌唐辛子といった各ちゃんこ鍋に加えて、福岡名物のもつ鍋など、いろんな鍋を楽しめる鍋専門店。

九州大学がすぐ近くという立地もあり、大学生や若いお客が多いようです。

そのためか、料理もドリンクもリーズナブルで、さらにお得なセットも用意されています。気軽にちゃんこ鍋を体験できますよ。

店舗名:ちゃんこ御島
住所:福岡市東区箱崎3-6-18
電話番号:092-632-6527
営業時間:17時30分~24時
定休日:2~10月の第1、3月曜日(11~1月は無休※正月休みは除く)
店舗URL:http://chanko-mishima.com/

九州場所中の利用は必ず予約を!

チケットを購入できない・しない方でも、大相撲を楽しめる方法が結構あるものです。

せっかくの年に一度の九州場所ですから、歴史ある大相撲の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

なお、紹介した2店舗を含め、ちゃんこ屋やちゃんこ鍋を提供する飲食店は、九州場所中はどこも混み合います

事前の予約や連絡、問い合わせをしてからの利用をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする