【ちゃんぽん】筥崎宮・放生会で福岡の秋を満喫!【おはじき】

皆さん、こんにちは。
ゲジマユ君である。

毎年9月12日~18日に福岡市東区箱崎の筥崎宮で開催されるお祭り「放生会」を皆さんはご存知だろうか。

真っ直ぐ歩くことが困難なほど多くの人で賑わう、福岡の秋の一大イベントである!
子どもからお年寄りまで、期間中には150万人もの人が訪れるのだ。

ちなみに一般的には「ほうじょうえ」だが、福岡では「ほうじょうや」と呼ぶので気をつけられたし。

今回はこの放生会について紹介していくぞ!

放生会の目的

さて、この放生会には次のような意味がある。

春の博多どんたく・夏の博多祇園山笠とならび博多三大祭りに数えられる筥崎宮放生会は「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」お祭りです。

その起源は「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」という御神託によるもので、千年以上続く最も重要な神事です。

また、一年おきに福岡市無形民俗文化財指定の御神幸(御神輿行列)が行われ、七日間の期間中は参道一帯に数百軒の露店が立ち並ぶ、九州随一の秋祭りです。

※「福岡の神社 日本三大八幡 筥崎宮」公式サイト(https://www.hakozakigu.or.jp/index.html)より引用

補足だが、現代に入ってからは収穫祭や感謝祭といった意味合いが強くなったお祭りだ。

また、放生会開催中は放生会供養祈願祭という神事も行われている。

我輩たち人間が生きるためにやむなく殺生をした生き物や、
家族として暮らした動物などの霊(みたま)を慰める厳粛な祈願祭なのだ。

  • 万物の生命をいつくしみ
  • 殺生を戒め
  • 秋の実りに感謝する

という放生会のテーマをじっくり考える良い機会だと我輩は思うぞ。

放生会の名物

  • 博多ちゃんぽん
  • 筥崎宮おはじき(旧:放生会おはじき)
  • 葉つきの新生姜

この3つが放生会名物だ。

特に博多ちゃんぽんと放生会おはじきは、放生会の開催前日である11日の夜ごろから人が並び始める上に、
12日の6時~6時30分の間に配られる整理券を手に入れなければならない。

そしてその後8時~9時に販売開始となるのだが、どちらも一瞬で売り切れてしまうほどの人気を誇る。

そもそも買うこと自体が至難の業なのだ。

博多ちゃんぽん

ちゃんぽんと言っても食べ物(長崎ちゃんぽん)ではないぞ。

ビードロという薄いガラスで作られた玩具(楽器)で、ハンドベルのような形をしている。
細いストロー状の先から口で空気を吹き込むと

ちゃん…ぽん…

と音色が奏でられるぞ。
※ポコペンポコペンと聞こえるという説もある(笑)

特筆すべきはそのデザインとその工程。

なんと筥崎宮の巫女さんが手作業で模様付けをしている。
例えるならステンドグラスのような美しいデザインだぞ。

そしてその模様は毎年変わるので、熱心なコレクターがいるほどなのだ!

価格は3,000円~9,000円
絵柄は選べないので、その点だけ予めご理解いただきたい!

筥崎宮おはじき(旧:放生会おはじき)


※「博多人形白彫会」公式サイト(http://hakata-hakuchokai.com/index.html)より引用

博多人形師の団体である「白彫会」の方々が、毎年異なるテーマを元に全て手作業で作成されているのだ。
一般的な玩具のおはじきと違って、土製の素焼きなのが特徴だな。

元々は「放生会おはじき」として博多ちゃんぽんと同様に限定販売されていたものだったのだが、

  • 博多人形師の減少
  • それに伴う後継者問題
  • 放生会おはじきの価格高騰(プレミア価格で転売される)

これらの問題を解消すべく2017年は一旦放生会おはじきの販売を停止し、
2018年からは「筥崎宮おはじき」と名称を変えてなんと通年販売されることに!

年に数回の入荷が行われ、筥崎宮の御守り授与所にて販売されるのだ!

通年販売ということで厳密には放生会名物ではなくなったのだが、
福岡県民としてはやはり【おはじき=放生会名物】のイメージが強いため、ここで紹介させてもらった次第だ。

入荷状況は筥崎宮のホームページで随時告知されるそうだ。
販売方法も併せて発表されるので、要チェックである!

価格と内容は、おはじきが20個入っていて

  • 3,000円(桐箱入り)
  • 12,000円(額縁入り)

の2パターンだ。

葉つきの新生姜

放生会を見てまわると、あちこちで青々とした生姜が販売されているぞ。
大きな茎と葉っぱが付いたままの豪快な一品だ。

戦前の箱崎では生姜を栽培している農家が多かったというのが始まりなのである。
9月の福岡はまだまだ厳しい暑さが続くので、生姜を食べて乗り切ろうという意味も込められているのだ。

価格は質と量によってバラバラなのだが、
大体1,000円~3,000円で購入できるはずだ。

もちろん出店だってたくさん!

なんと500以上もの出店が立ち並ぶのだ!

くじ引き・射的・金魚すくい・梅ヶ枝餅・焼きとうもろこし・焼き鳥・焼きそば・じゃがバター・串カツ……
とてもじゃないが把握しきれないぞ。

中でもぜひ食べてもらいたいのが「社日餅」
「やきもち」と読むこの餅は『箱崎さんのやきもち』と親しまれている放生会土産なのだ。

よもぎ餅と白餅の2種類があるので、両方買って帰るのをオススメするぞ!

そして昭和のレトロな雰囲気が漂うお化け屋敷と見世物小屋はもはや定番なのだ。

上の写真の奥に見えているのがお化け屋敷の看板だぞ。

毎年必ず出店しているのだが、実は我輩はまだ入ったことがない。
今年の放生会も我輩はもちろん参加予定だから、意を決して入ってみようかと検討中なのだ(笑)

放生会へのオススメアクセス方法

放生会を訪れる際に気をつけたいのがアクセス方法だ。

個人的に車はオススメしないぞ。
宮前駐車場に加えて特別駐車場も用意はされるのだが、ハッキリ言って空いてないと思ったほうがいい。

さらに放生会開催中の箱崎周辺は渋滞が頻繁に発生してしまう。
そういう理由から西鉄バスの「箱崎バス停」で下車するのも止めたほうがいいのである。

つまり最適解は……地下鉄だ!

福岡市営地下鉄の空港線「中洲川端」で降りて、一つ上の階から箱崎線へ乗り換えよう。
そこから4駅先が目的地である「箱崎宮前駅」だ。

しかもうれしいことに、駅を出ると目の前に放生会の出店がずらっと並ぶ光景が広がる。
そう、箱崎宮前駅を出たらすぐに放生会なのだ!

便利すぎて我輩も毎年利用するルートなのである!

筥崎宮の放生会に行ってみよう!

福岡が誇るお祭りの一つ・放生会を取り上げてみたがいかがだっただろうか。

せっかくのお祭りだし思いっきり楽しむのもいいが、放生会本来の目的である
【自分たちを生かしてくれている全ての生き物に感謝する】
ということを忘れないでほしい。

それでは最後に筥崎宮および放生会の詳細情報を紹介して終わりにしたいと思う。

筥崎宮 放生会
住所:福岡市東区箱崎1-22-1
電話番号:092-641-7431(筥崎宮社務所)
時間:お昼ごろ~22時ごろ ※土日祝前日は遅めの時間まで開催
公式サイトURL:https://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/houjoya/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする