あまおう苺がたっぷり入った福岡お土産ランキング Best 15!

投稿日: 2017年12月19日

引用:http://puyopuyo.boo.jp/2013/01/29/5333

皆さん、こんにちは。
ゲジマユ君である。

皆さんは「あまおう苺」をご存知だろうか?
2005年に登録された福岡県限定のいちごで、品種名「福岡S6号」、登録商標「あまおう」である。

かい……やや濃い紅色で艶がある
るい……丸みがあって可愛らしい形をしている
おきい…果実が大きくて重みがある
まい……果汁が多くてジューシー

これらの特徴の頭文字を取って付けられた名前があまおう苺なのだ。
「甘いイチゴの王様になれるように」との願いも込められたあまおう苺は、それまでの主力品種「とよのか」と比べると断然高品質ないちごに仕上がっている。

我らがきんしゃい!福岡では様々な福岡名物を紹介してきたが、あまおう苺にスポットを当てたことがなかった事実に気がついたのだ。

そこで今回の記事は我輩が独断と偏見で選ぶ、
あまおう苺が使用されているお土産ランキング Best15!

もちろんどこで買えるのか、店舗情報もばっちり掲載!
さっそく紹介していくぞ!

15位 ポッキー<あまおう苺>

引用:https://receipo.com/topics/52529

九州・沖縄地区限定の『ポッキー<あまおう苺>』が15位!

福岡県JAふくおか八女管内で生産されたあまおうの果肉が使用されているのだ。
ほんのりとした甘みと同時に酸味が楽しめる贅沢なポッキーなのである。

通常のポッキーとは異なり、1本ずつ個別包装されているのも特徴だ。

手軽に購入できるポイントを高く評価し、15位とした。
他のお土産にさりげなく添えてあげるときっと喜ばれるぞ。

販売店舗:九州・沖縄地区のお菓子取り扱い店全般

14位 あまおういちごのクリームダックワーズ

引用:https://www.travel.co.jp/guide/article/20104/

14位は「博多美月」で有名な博多風美庵の『あまおういちごのクリームダックワーズ』

外はサクサク、中はしっとりとしていて、さらにあまおう苺の優しい味がとても心地良いのだ。
生地にもあまおう苺が練り込まれているので、まさにあまおう苺づくし!

丸くてころっとした可愛らしいフォルムも特徴的な焼き菓子なのである。

■博多風美庵 マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話番号:092-471-3666
営業時間:09:00~21:00
その他販売店舗情報:http://www.fuubian.com/html/page13.html

13位 あまおう苺入りラスク(プレーン・ココア・チョコ)

引用:https://www.emotent.jp/corp/guide/inshoku/index.html

あまおう苺加工のプロ・伊都きんぐから発売されている『あまおう苺入りラスク(プレーン・ココア・チョコ)』が13位にランクインだ。

みんな大好きラスクとあまおう苺の贅沢なコラボレーション!

カリカリの食感と、ふわっと香るあまおう苺&ラスクの甘~い匂いにメロメロになること間違いなし!
特に女子の皆さんにオススメしたいお土産だ。

■伊都きんぐ 博多マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多駅マイング広場横スイーツ通り
電話番号:092-472-1539
営業時間:09:00~21:00
■伊都きんぐ 福岡空港第2ターミナル構内 福岡空港店
販売店舗:福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港第2ターミナル2階
電話番号:なし
営業時間:06:30~21:00
その他販売店舗情報:http://www.itoking.jp/info.html

12位 博多バームスティック博多あまおう苺

引用:https://omiyadata.com/souvenir/hakata-baum-stick-amaou/

博多菓子工房 二鶴堂が誇る『博多バームスティック博多あまおう苺』が堂々の12位!

バームクーヘンをスティック状にカットして、低温でじっくりこんがりと焼き上げた焼き菓子なのだ。

あまおう苺の風味と甘み、そしてサクサクの食感が堪らないぞ!
表面から中身までピンク色の可愛いフォルムも見逃せない!

個別包装されているため、シェアしやすいのも嬉しいポイントだな。

甘~いお菓子であるにも関わらず1本あたり61.4kcalと、気軽に食べられるのだ。

■二鶴堂 博多マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 マイング和菓子通り
電話番号:092-441-6442
営業時間:09:00~21:00
その他販売店舗情報:https://www.nikakudou.co.jp/shop/index.html

11位 小さなショコラ苺もち

引用:https://item.rakuten.co.jp/jrk-shoji/10003259/

11位には「鶴乃子」で有名な石村萬盛堂の『小さなショコラ苺もち』がランクイン。

もっちもちの生地の中に、あまおうソースといちごチョコクリームを贅沢に盛り込んだ一品だ。
濃厚なあまおう苺とチョコが、こんなにも相性バッチリだったとは我輩も思わなかったぞ。

ふわふわの触感と食感に驚くこと間違いなし!
苺好きにもチョコ好きにも自信を持ってオススメできるのだ!

■石村萬盛堂 博多駅マイング店
販売店舗:福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話番号:092-451-2728
営業時間:09:00~21:00
その他販売店舗情報:http://www.ishimura.co.jp/shoplist/

10位 まっかな苺のラングドシャ

引用:https://www.travel.co.jp/guide/article/20104/

1日1万枚売れる博多土産として有名な、花福堂の『まっかな苺のラングドシャ』が第10位!

ラングドシャの優しい歯ごたえと、あまおう苺の味わいの組み合わせが秀逸な一品。

あまおう苺のフリーズドライ入りチョコレートがとても美味しく、ラングドシャとの相性がバツグンなのだ!
ついつい食べ過ぎてしまわないように気をつけるのだぞ!

■ANA FESTA 福岡国内ロビー店
販売店舗:福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港国内線2階出発ロビー前
電話番号:なし
営業時間:06:30~21:00
その他販売店舗情報:http://www.hanafukudo.co.jp/

9位 なんばん往来博多あまおう

引用:http://www.imgrum.org/tag/%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%93%E5%BE%80%E6%9D%A5

第9位は、さかえ屋の人気商品「なんばん往来」のあまおう苺バージョン『なんばん往来博多あまおう』

「遥かな夢がはじけます~ 優しい笑顔がこぼれます~♪」のCMで福岡県民にはおなじみなのだ。

甘すぎないあまおう苺の香りと、しっとりふんわりとした食感が演出する上品さは何とも贅沢な気分。
それもそのはず、あまおう苺100%使用なのだからな!

■さかえ屋 博多マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話番号:092-414-5882
営業時間:09:00~21:00
■BLUE SKY 9番ゲートショップ
販売店舗:福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港国内線ターミナルビル2階 出発ゲート9番搭乗口前
電話番号:092-626-1141
営業時間:06:00~21:00
その他販売店舗情報:http://sakaeya.co.jp/nanban_shop/

8位 博多美月 あまおう苺のしっとりフィナンシェ

引用:https://www.travel.co.jp/guide/article/20104/

福岡のお土産新定番!博多風美庵がお送りする『博多美月 あまおう苺のしっとりフィナンシェ』が8位だ!

可愛らしい三日月形が特徴的な「博多美月」のあまおう苺バージョン。

芳醇なバターとアーモンドを使用し、コクのある香ばしさに仕上がったフィナンシェには、もちろんあまおう苺が練り込んである。
口の中でほどけていく感覚が楽しめるほどの柔らかさにきっと驚くであろうな。
それでいてしっとりとしているので、ポロポロとこぼれ落ちてテーブルを汚すこともない見事な仕上がりだ。

しつこさを全く感じないあまおう苺の甘さがクセになる一品だぞ。

■博多風美庵 マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話番号:092-471-3666
営業時間:09:00~21:00
その他販売店舗情報:http://www.fuubian.com/html/page13.html

7位 あまおう苺入りどら焼き どらきんぐエース

引用:https://twitter.com/search?q=%23%E4%BC%8A%E9%83%BD%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

あまおう苺加工の第一人者・伊都きんぐの売れスジ商品『あまおう苺入りどら焼き どらきんぐエース』が7位に登場!

どらきんぐシリーズにはクリーム・抹茶・生といった種類があるのだが、このエースがダントツ人気なのだ。
美味しいあまおう苺と美味しいどら焼きを両立させようと、試行錯誤を繰り返してたどり着いた究極のどら焼きである!

ムース状とジャム状のあまおう苺と白餡を、もっちもちのガワで包み込んだその味は、まさにエースを名乗るに相応しい。

さらに細かくカットされたあまおう苺も入っており、三度の飯より苺が好きだという猛者も納得のボリュームを誇っているぞ。

■伊都きんぐ 博多マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多駅マイング広場横スイーツ通り
電話番号:092-472-1539
営業時間:09:00~21:00
■伊都きんぐ 福岡空港第2ターミナル構内 福岡空港店
販売店舗:福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港第2ターミナル2階
電話番号:なし
営業時間:06:30~21:00
その他販売店舗情報:http://www.itoking.jp/info.html

6位 ひよ子のやきもち 福岡産あまおう

引用:http://www.hiyoko.co.jp/news/letter/items/23069

福岡が誇るお菓子メーカー・ひよ子本舗吉野堂がここで登場!『ひよ子のやきもち 福岡産あまおう』が6位にランクインだ!

商品紹介の前に、福岡をこよなく愛する我輩は声を大にして主張したい!
ひよ子は東京ではなく福岡のお土産なのだ!

ひよ子(ひよこ)は、1912年に福岡県飯塚市の吉野堂で生まれた、見上げているようなひよこの形をした菓子、また現在同商品を製造する株式会社ひよ子。大手亡(おおてぼ。大手芋とも)という白インゲン豆から作られる黄身餡を小麦粉と卵などから作られる皮でくるんでいる。
出典:ひよ子 – Wikipedia

「ひよ子のやきもち 福岡産あまおう」は、あまおう苺と白餡を混ぜ合わせて作った特製の苺あんが特徴だ。
さらにあまおう苺の果肉を炊き上げたガワに、先述の苺あんを包み込んだ焼き菓子なのである。

糖度と栄養価もバツグンに高く、福岡のみならず全国、さらには海外からの評価も高い大人気商品なのだ!

■ひよ子本舗吉野堂 マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話番号:092-415-1450
営業時間:09:00~21:00
■岩田屋エアポートショップ
販売店舗:福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港国内線2階
電話番号:092-611-4188
営業時間:06:30~21:00
その他販売店舗情報:http://www.hiyoko.co.jp/shop/index.html

5位 博多の女 あまおう苺ミルク味

引用:https://omiyadata.com/souvenir/hakatanohito-amaou/

『博多バームスティック博多あまおう苺』を手がける博多菓子工房 二鶴堂の『博多の女 あまおう苺ミルク味』
奇しくも以前我輩が作成したお土産ランキングの記事でも、5位にランクインしていたな。

白餡ベースのミルク羊羹にはホイップクリームと練乳がたっぷりと練り込んであり、それをあまおう苺がベースのバームクーヘンで包んである。
一口サイズで食べやすく、甘酸っぱくてしっとりとした味わいがその一口に凝縮されているのだ。

余談だが「博多の女」シリーズに使用されているバームクーヘンの切れ端を使って「博多バームスティック」シリーズが作られているのだ。

■二鶴堂 博多マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 マイング和菓子通り
電話番号:092-441-6442
営業時間:09:00~21:00
その他販売店舗情報:https://www.nikakudou.co.jp/shop/index.html

4位 あまおう苺入り わらび餅 博多あまび

引用:https://macaro-ni.jp/21639

伊都きんぐの看板商品『あまおう苺入り わらび餅 博多あまび』が4位だ!

あまおう苺を食しているときに稀に感じる「切ない味」を届けたいという想いで開発されたのが「あまおう苺入り わらび餅 博多あまび」なのだ。

付属の練乳をかけて食べると……なんとも不思議な感覚に襲われる。
わらび餅なのにどこか洋菓子っぽく、しかし練乳苺のような味わいもある、間違いないのは確かな美味しさ。

言葉で表すのは非常に難しいので、ぜひ一度味わってほしいと我輩は切に願うぞ。

■伊都きんぐ 博多マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多駅マイング広場横スイーツ通り
電話番号:092-472-1539
営業時間:09:00~21:00
■伊都きんぐ 福岡空港第2ターミナル構内 福岡空港店
販売店舗:福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港第2ターミナル2階
電話番号:なし
営業時間:06:30~21:00
その他販売店舗情報:http://www.itoking.jp/info.html

3位 苺ひよ子

引用:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40024904/

ひよ子本舗吉野堂が誇る期間限定商品『苺ひよこ』が第3位である!

愛らしいひよこの姿はそのままに、あまおう苺を練り込んだ餡をミルク生地で包み込んである。
ミルク生地の理由は、あまおう苺との相性を考えた結果だそうだ。

食べてみると分かるが、あまおう苺の甘みと本当に良く合う見事な組み合わせ。
口当たりもまろやかで、優しい甘さがふわっと広がるぞ。

■ひよ子本舗吉野堂 マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話番号:092-415-1450
営業時間:09:00~21:00
■岩田屋エアポートショップ
販売店舗:福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港国内線2階
電話番号:092-611-4188
営業時間:06:30~21:00
その他販売店舗情報:http://www.hiyoko.co.jp/shop/index.html

2位 あまおう苺みるく鶴乃子

引用:http://www.ishimura.co.jp/wa/ichigomilk-tsurunoko/

石村萬盛堂の代表作「鶴乃子」のあまおう苺バージョン『あまおう苺みるく鶴乃子』が第2位に躍り出た!!

あまおう苺を贅沢に使用した甘酸っぱい餡が、練乳を練り込んだふわっふわの生地で包み込まれているのだ。

「苺の酸味と練乳のやさしい甘さが出会ったこの時期だけの鶴乃子です。」というキャッチーなフレーズに偽りなし!
誰が何と言おうと苺と練乳の組み合わせはジャスティスである!

全体的にマシュマロっぽいのだが飽きがこない味に仕上がっており、パクパクと何個でもいけてしまうぞ。

■石村萬盛堂 博多駅マイング店
販売店舗:福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話番号:092-451-2728
営業時間:09:00~21:00
その他販売店舗情報:http://www.ishimura.co.jp/shoplist/

1位 ひよ子のあまおうピィナンシェ

引用:https://omiyagate.jp/omiyage/fukuoka-airport

そして……ひよ子本舗吉野堂の『ひよ子のあまおうピィナンシェ』が堂々の1位だ!

ピィナンシェってなんだろう?と思う人は多いはず。
それも当然、語源はフィナンシェというフランスの焼き菓子なのだ。
そこにひよこを連想させる「P」を付け足して「ピィナンシェ」となったのである。
パッケージにも包装にも、「P」が大きく強調されているのは面白いポイントであるな。

ひよこの形をしたフィナンシェに、甘酸っぱくて美味しいあまおう苺のフォンダンをたっぷりかけてある。
フィナンシェのアーモンドとあまおう苺のフォンダンが同時に味わえるため、甘さと甘酸っぱさが口の中にふわっと広がるぞ。

上品な味わいでありつつも、あまおう苺の強い主張のおかげで庶民的でもある、不思議だが確かな美味しさを誇っているのだ。
さらにフィナンシェには小麦粉とアーモンドパウダーがたっぷり入っていて、重量感とお得感も満載だ!

これぞキングオブあまおう苺菓子と言っても過言ではないだろう!

そして「ひよ子のあまおうピィナンシェ」を1位としたもう一つの理由。
なんと福岡空港でしか購入することができないのだ!
この希少性も視野にいれた結果の1位である!

■ひよ子本舗吉野堂 マイング店
販売店舗:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話番号:092-415-1450
営業時間:09:00~21:00
■岩田屋エアポートショップ
販売店舗:福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港国内線2階
電話番号:092-611-4188
営業時間:06:30~21:00
その他販売店舗情報:http://www.hiyoko.co.jp/shop/index.html

福岡が誇るいちごの王様・あまおう苺を楽しもう!

以上、我輩独自の目線で選んだあまおう苺のお土産ランキングは如何だっただろうか。

そのまま食べても美味しいあまおう苺をさらに美味しく食べられるお土産から、一方で全く違う方向でアプローチをした独創性の高さが新鮮なお土産などなど。
気になったあまおう苺のお土産があれば買って帰って、家族や知人と楽しんでほしいと思う。

お気づきの方もいるかもしれないが、今回紹介したお土産は全て博多駅or福岡空港で買えるものばかり。
福岡のお土産には「通りもん」ももちろんオススメだが、ぜひあまおう苺のお土産も選択肢に加えてやってほしいと我輩は切に願うばかりだ。

最後に気をつけてほしいこと

あまおう苺が出回るのは12月から5月の期間
つまり6月から11月の期間にはあまおう苺のお土産が販売していない可能性があるのだ。
事前に各店舗への問い合わせを我輩はオススメするのである!

この記事を読んだ人に読んで欲しい記事

新着記事

きんしゃい!福岡 厳選オススメ記事!

きんしゃい!福岡 記事ランキング!

記事を書いてる人達

ゲジマユ君

サイコ・ショッカー

係長

Hakataイエロー

※画像をクリックすると、書いた記事一覧を見れるぞ!