冬の名物!糸島の牡蠣小屋ガイド!

糸島半島、冬の名物といえば牡蠣!
全国各地に牡蠣小屋はあるけど、福岡でもとれたての新鮮牡蠣が食べられるとばい!
今回はいろんな漁港さんのお店の中からどこを選んだらいいかポイントを教えるけんね!

牡蠣小屋選びのポイント

どこの牡蠣小屋がいいかと聞かれるとほぼどこも変わらない・・・
なので!下記ポイントを見て決めるとよかよ!

■安全性
■火種の種類
・「炭火」の牡蠣小屋と「ガス火」の牡蠣小屋がある
■サイドメニュー
・最近は丼ものが充実しているようです。
・鍋やピザ、焼き飯など居酒屋っぽくなってきている。
・店頭のメニューを見て下さいね
※サイドメニューに小屋の特徴が出ますので、店頭のメニューを見て決めよう!
■備品
・無料エプロン、ジャンパー、調味料
■無料サービスにこだわる
・先着のお客さまサービスの小屋も有り
■持ち込みにこだわる
・最近はお店で販売しているもの以外は焼けないことが多いです。
※持ち込み可能なもの、焼けるものは、それぞれの小屋に要チェック!

数あるお店の中からオススメのお店を1店舗だけ紹介しちゃいます!

※「大黒丸」公式サイト(http://daikokumaru.com/)より引用

【岐志漁港 – 大黒丸】さん
■電話番号:
090-5931-9893 (お問い合わせ専用番号)
■営業時間:
10:00~17:00 (入店は16:00まで)
※10月~3月頃までの営業
■定休日:不定期
■サービス料:1テーブルにつき炭代を300円
■公式サイト:http://daikokumaru.com/

宝船に乗った賑やかな七福神さまが目印ばい!
素潜り漁師の店なので、活きた素材にこだわっているところが最高によかね!

かき

※「大黒丸」公式サイト(http://daikokumaru.com/)より引用

新鮮なうに、サザエ、アワビ、なまこなども安かけん牡蠣と合わせてたべてみらんね!



※「大黒丸」公式サイト(http://daikokumaru.com/)より引用

牡蠣が苦手な方でも、お腹いっぱい新鮮な海の幸が楽しめるようにと用意された豊富なメニュー。
これなら牡蠣が苦手でもみんなと一緒に行くことができるたい!

炭火焼なので炭や牡蠣が服に飛ぶんじゃないかという心配も不要ばい!
無料でジャンパーを貸してもらえるので安心して牡蠣を堪能できるとよ。

実際に足を運んで自分の目で見てお店を決めるのが一番!

毎年開催されている牡蠣小屋。
まだ行った事がない人はこの記事を見て少しでも参考になればと思っとる。
この時期しか味わえない新鮮な牡蠣をお腹いっぱい堪能しにいってみんね!
どこのお店も最高のサービスを提供してくれるので、一度は行ってみんしゃい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする