屋台への「行き方」だけを徹底的に解説!~福岡・親富孝通り編~

この記事を読めば「屋台へ向かう道中」の迷子とはオサラバです!

※写真はイメージ(提供:福岡市)

2016年5月18日に追記を行っています。

皆さん、こんにちは。
ゲジマユ君である。

前回紹介した「渡辺通りの屋台」に引き続き、今回は「親富孝通り通りの屋台」について紹介していこうと思う。
今回の記事を読むことで「福岡の屋台」について、グッっと詳しくなること、うけあいである。

「福岡に来たのはじめてだから、地理とかも詳しくないし・・・確かに有名だけど屋台は諦めるか・・・」

そう思ってる人にこそ、是非読んでいただきたい一記事である!

開始地点~地下鉄天神駅~

やはりスタート地点となるのは、地下鉄天神駅である。

ここで少し最近の福岡事情を話しておくと、数年前に博多駅が改装されてから人々は少なからず博多駅のほうに流れてしまった・・・。
理由としては・・・

  • 県外に行くにしても、県外から来るにしても、出発場所、到着場所として博多駅を使用することが多い。
  • 改装された博多駅には、服屋、家具屋など・・・色々な店が揃っている。

これら二つが理由として挙げられるだろう。
・・・屋台への行き方とは少し違う話をしてしまったが、屋台に関していえば「天神は、まだまだ現役」なのである。
確かに、次回紹介する予定の「中洲屋台」には規模感で負けてしまっているが、天神の屋台だって、代表的な福岡の屋台なのだ。

それでは、道のりについて説明していくとしよう。

前回の「渡辺通り編」では、天神地下街を通って屋台へと向かったが、今回は「天神地下街を通ることはない」
目指す出口は「一番出口」である。
・・・厳密に言うと「一番出口から地上に出るわけではない」ので「一番出口方面」と言った方が正しいだろうか・・・。

電車を降りると、まず改札に向かうことになる。

親富孝通りの屋台への行き方

画像:編集部作成

「一番出口方面」に近い改札は「天神駅中央口」「天神駅西口」の二箇所がある。
抜ける改札口は、上記二つの中からお好みで選んでいただければ良い。
距離的には誤差レベルだが、一応「天神駅西口」から出たほうが屋台には近くなる。

「天神駅中央口」を出て「一番出口方面」へ向かう予定の方は、下記画像のように、改札を出た時点とは、逆方向に進んでいく形になる。

親富孝通り_道のり①

ここからは「一番出口方面」まで、ひたすら直進することになる。
道中で「二番出口」「三番出口」「四番出口」の表示を目にするかもしれないが、これらはちゃんとスルーして「一番出口方面」を目指そう。

「一番出口方面」へ直進し続けると、やがて下記画像のような場所に直面する。

天神地下_一番出口付近

画像の場所へ差し掛かり、小階段を登ると、道は二手に別れている。
「左」「右」だ・・・。

このうち「左」が「一番出口」となる。
視界的に言えば、こんな感じ↓
天神地下_一番出口_階段前

しかし、向かう屋台への道のりは「左」ではない。
進行方向を「右」にとり、また少し歩くと・・・

福岡天神センタービル_地下入口

デカデカと「FTC」の文字が目に飛び込んでくることだろう。
「FTC」の自動扉をくぐり、直進する。

道なりに進んでいくと・・・

天神地下_昭和通表示入口前

「昭和通」と書いてある場所へ辿り着く。

・・・あ、そうだ。
今回の屋台とは全く関係ないが、実はこの「昭和通」の表示がある場所の進行方向から見て「左側にある部屋」は、かなり広めな「喫煙所」になっている。

屋台利用前に、一服してちょっと休憩したい方は、利用してみても良いと思う。
(非喫煙者のために、非喫煙スペースと、喫煙スペースが設けられている)

親富孝屋台_道中喫煙所

さて、屋台への道のり紹介に戻るとしよう。
ここまで来た時点で、屋台まではもうすぐだ!
「昭和通」表示のある自動扉をくぐり、道なりに進めば・・・

天神地下_地上付近_階段

・・・うむ、また階段である。
この階段を登って地上へ出るのだ。

地上へ出た後、周りを少し見渡してみれば、屋台の光が目に飛び込んでくることだろう!
・・・目に飛び込んでこない場合は「左折」して直進すると良い。

「その屋台」が休みの日でなければ、親富孝通り通りでも連日行列を作る屋台・・・

「小金ちゃん」

を目にすることができると思う。

感想戦

「渡辺通り編」に引き続き「親富孝通り通り編」を紹介してきたが・・・どうだろう「屋台への行き方」については、かなり詳しくなったのではないだろうか。
天神に展開している、これら二つの屋台地帯は「地下を通っていける」という点が最大のメリットである。

例えば、

「急に雨が降ってきた!くそ~~傘持ってねぇよ・・・。」

という時であっても、地上に出るまで雨にさらされることはないため、比較的濡れることなく屋台まで辿り着けるのだ。
この記事を読んでいる現在地にもよるが、自分の「その時の気持ち」に従って屋台をチョイスしてほしいと思う。

次回は「行き方シリーズ」最後の屋台紹介、福岡最大規模の屋台地帯「中洲屋台」について紹介する!
是非、参考にしていただきたい!

【2016年5月18日 追記】
福岡に存在する他の屋台地帯へ行きたい方は、別ページで紹介している。
行き方を知りたい人には、是非下記リンク先を見ていただきたい!

関連記事

福岡といえば屋台、そして屋台といえば中洲!この記事では中洲屋台への行き方を徹底解説しています。目的別に3つのコースを紹介しているので、お好みの行き方を選んで中洲屋台を目指してくださいね。
福岡といえば屋台が有名!今回は、福岡・渡辺通りの屋台への行き方を、画像つきで分かりやすく解説しています。初めて屋台へ行こうと思っても、「行き方が分からなくて迷子になるかもしれない」と不安の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする