メニュー

あの【通りもん】がまさかの28位!? 博多駅でオススメのお土産 BEST 30!

投稿日: 2016年09月23日

博多駅で買えるオススメお土産BEST30!

■ お土産何を買っていこうか迷うけど、できれば博多駅で買って帰りたい!
■ たまには定番じゃないお土産も選択肢に入れたい!
■ でも、相手をガッカリさせてしまうようなお土産は嫌だ!
■ そんなお土産情報が知りたい!

今回の記事は、そんなアナタにオススメです。

皆さん、こんにちは。
ゲジマユ君である。

数ヶ月ほど前の話になるが、我輩は福岡のお土産についての記事を書いた。

以前紹介したお土産は勿論オススメである、お土産としてチョイスすれば喜ばれること間違いなしだと言える。
まぁ、しかし季節は移り変わり、もうすぐ秋である。

先日、かなりの福岡情報通である我輩の元へ一通のお便りが届いたのである。
そのお便りには、主に下記のようなことが書かれていた。

「私は出張や、旅行で福岡へ立ち寄った時、お土産を博多駅で買って帰ります。」
「理由としては、飛行機を使うにしても、新幹線を使うにしても、博多駅を毎回通るからです。」
「前回紹介してくれたお土産の他にも、オススメのお土産ってないですか?」

・・・そうなのである。
以前紹介したオススメお土産達も、確かに博多駅で購入することが可能である。

しかし、それだけかと!福岡情報通のオススメはそれだけなのかと!
お便りの主は、そう言っているのである。

よかろう。
よかろうなのだ。
ならば、もっと紹介しようではないか!

買って帰れば必ず喜ばれ、かつ博多駅構内で購入することができるオススメお土産達を!!!

ランキング発表前に

ランキングを発表する前に一つだけ言っておかなければいけないことがある。
それは、お土産を購入することのできる「お土産売り場の営業時間、閉店時間」についてだ!

結局のところ、本記事を見て特定のお土産に狙いを定めていたとしても、お土産売り場自体が営業時間を終えていては購入することができないためである。
営業時間、閉店時間はしっかり確認しておいていただきたい。

■ マイング【9:00 ~ 21:00】
■ 博多阪急地下1F【10:00 ~ 21:00】
■ アミュプラザ博多1F【10:00 ~ 21:00】

それでは、営業時間、閉店時間を把握できたところで、ランキング発表に移らせていただくぞ!

30位【博多の女(ひと)】

博多の女

「http://www.kyushumiyage.com/」より引用

古くから福岡の代表的なお土産として有名な「博多の女」が30位にランクイン!

貫禄の モンドセレクション 6年連続金賞受賞!
今も昔も、福岡のお土産として親しまれ続けているのである!

食べやすい一口サイズで「6個入り 329円」と値段も非常にリーズナブル!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop38.html)
■ 最安値:329円(6個入り)
■ 賞味期限:30日(常温保存)

29位【コロンっときなこ】

コロンっときなこ

「http://hakatayahonpo.com/」より引用

「ブールドネージュ」という楕円形のクッキー系洋風お菓子、そこに「きなこ」という和風の要素が融合したお菓子。
それが「コロンっときなこ」である。

一口サイズでありながら、食べた時の充足感が高い一品だ!

洋風と和風が見事に調和しているので、きなこが大丈夫な外国人の方にお土産として渡したりすると驚かれるかもしれないぞ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop29.html)
■ 最安値:324円(6個入り)
■ 賞味期限:製造日より45日

28位【通りもん】

通りもん

「http://www.niji-net.com/」より引用

まさに【THE・定番】と呼ぶに相応しいほどの知名度を誇る福岡お土産である。

こちらも、博多の女と同じくモンドセレクションを受賞している!
それも何と 16年連続金賞受賞 という快挙なのだ!

お土産として買っていけば、安定して喜んでもらえること間違いなしの一品だ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop39.html)
■ 最安値:560円(5個入り)
■ 賞味期限:約3週間~4週間

27位【千鳥饅頭(ちどりまんじゅう)】

千鳥饅頭

「http://shop.chidoriya.com/」より引用

「ずっと前からおいしかった。」

その触れ込み通り、千鳥饅頭として形を成す前・・・つまり、カステラの頃からおいしかったのである!

カステラと丸ボーロから生まれた銘菓「千鳥饅頭」

カステラと餡子が織り成す上品なおいしさ・・・オススメしない理由がない!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop15.html)
■ 最安値:550円(5個入り)
■ 賞味期限:製造日より11日

26位【鶴乃子(つるのこ)】

鶴乃子

「http://www.ishimura.co.jp/」より引用

断面図は正に、ゆでたまごの如し!
均整の取れたフォルムは、はじめて見た人をきっと虜にするだろう!

甘さを控えた餡と、マシュマロボディの調和。
味に関しても、満足できること受け合いである!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop40.html)
■ 最安値:300円(2個入り)
■ 賞味期限:製造日より14日

25位【博多の女 バナナミルク味】

博多の女_バナナミルク味

「http://www.ming.or.jp/」より引用

30位にランクインした、博多の女の味違い!

餡子とバウムクーヘン生地というオーソドックスな組み合わせも確かにおいしいが、バナナ味の生地にミルク羊羹を組み合わせたコチラもオススメできる一品である!

「実はこんな味も販売されていたんだよ!」

という、いつもとは違った衝撃を相手に与えることができるぞ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop38.html)
■ 最安値:562円(10個入り)
■ 賞味期限:30日(常温保存)

24位【はかたんもん】

はかたんもん

「http://gigaplus.makeshop.jp/」より引用

洋菓子、和菓子で有名な「赤い風船」が販売している、クッキー系の生地質でホワイトチョコレートを包み込んだ一品!

注目すべき点は、生地に「無花果(いちじく)」が練りこんであるところである。

練りこまれた無花果が、通常のクッキー系お菓子とは一線を画す食感を生み出している。
通常のクッキー系お菓子とは違った食感で、喜びと驚きの双方を与えることができるお土産だ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop5.html)
■ 最安値:540円(4個入り)
■ 賞味期限:製造日より90日

23位【めんべい 辛子めんたい風味】

めんべい

「http://www.endepa.com/」より引用

少し前から、急速に福岡へ浸透してきたお菓子、それが「めんべい」である。

博多駅でお土産として取り扱われているのは勿論だが、何と福岡全域にある他のJR駅でも売られていたりするお土産だ。

お土産売り場がないような駅でも、なぜか改札の近くで駅員さんが販売していたりすることがあるから驚きである。

味も安定しておいしいお菓子なので、甘いもの以外のお菓子をチョイスしようと思ったときは是非選択肢の一つとしてほしい!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop33.html)
■ 最安値:480円(16枚入り)
■ 賞味期限:製造日より常温180日

22位【博多とっとーと】

博多とっとーと

「http://www.josuian.jp/」より引用

「とっとーと」というのは、いわゆる博多弁というヤツで、意味合いとしては「取っている = 確保している」という意味になる。

このお菓子には「思わず取っておきたくなるほど、おいしい」という意味が込められている。

つまり、食べるのが勿体無い、というレベルでおいしいお菓子である。ということなのだ。

味に関しては、まさしく「芋」そのものである。
「芋」のうまみ、おいしさをお菓子という形状に圧縮したような一品だ。

甘みは比較的抑え目なので、甘すぎないお菓子を好む人には喜ばれること間違いなし!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop42.html)
■ 最安値:71円(1個)
■ 賞味期限:製造日より25日

21位【筑紫(ちくし)もち】

筑紫もち

「http://www.kyusanko.co.jp/」より引用

外装や、中身の構成から、数ある福岡お土産の中でも一際「高級感」を漂わせているお菓子。
それが「筑紫もち」である。

モンドセレクションも7年連続金賞を受賞しており、まさに折り紙付きの一品!
子供から、ご年配の方まで、幅広く喜ばれているお土産である。

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop22.html)
■ 最安値:360円(3個パック)
■ 賞味期限:製造日より30日(常温保存時)

20位【ひよ子】

ひよ子

「http://image.rakuten.co.jp/」より引用

見た目の可愛さで右に出るお菓子は少ないであろう。
「ひよこ」の形状をしたお菓子に、焼印で目が表現されている・・・ただそれだけなのに、例えようもない愛くるしさがある。

お菓子自体の歴史も古く、こちらの一品も幅広い年齢層に喜ばれるであろう。

※東京のお菓子だと思っている人がいるみたいだが、福岡発祥のお菓子なのでお間違いなきように・・・。

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop35.html)
■ 最安値:605円(5個入り)
■ 賞味期限:20日

19位【博多まろん】

博多まろん

「http://sweets-lovelove.c.blog.so-net.ne.jp/」より引用

「赤い風船」から販売され、モンドセレクションを2年連続金賞受賞している「博多まろん」

モンドセレクションの受賞回数的には老舗に及ばないが、味に関しては老舗レベル!

通常の餡とは違う「マロン餡」には、何と栗が入っており餡子とは違った食感、甘みを楽しむことができるぞ!
1個食べると、また1個、もう1個・・・と手が止まらなくなるという話も耳にする。

完全な一口サイズでありながら、食べた人を虜にするお菓子なのである。

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop5.html)
■ 最安値:308円(4個入り)
■ 賞味期限:製造日より常温60日間

18位【なんばん往来(おうらい)】

なんばん往来

「http://www.courthotels.co.jp/」より引用

懐かしい焼き菓子といえば「なんばん往来」である。
味のバリエーションは大きく分けて3種類「マロン味」「ラズベリー味」「ブルーベリー味」であり、このうち「ラズベリー味」以外は季節限定となっていた

「ブルーベリー味」は春夏限定「マロン味」は秋冬限定であったが、好評につき「ブルーベリー味」が季節限定ではなくなった!

春夏以外に「ブルーベリー味」をお土産としてチョイスすれば「えっ!?秋冬なのにブルーベリー味を!?」と驚かれること間違い無しだ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop8.html)
■ 最安値:1,030円(6個入り ※ラズベリー味:3個 ブルーベリー味:3個)
■ 賞味期限:常温で約20日

17位【博多の石畳(いしだたみ)】

博多の石畳

「https://rank.cd-cdn.com」より引用

甘すぎず、苦すぎない絶妙な味わいの本格派チョコレートである!

女性からの人気は凄まじいものがあり、お土産を渡す相手が女性であった場合、このお菓子をお土産としてチョイスすれば間違いなく大成功!

・・・そこまで言ってしまえるほどの人気お菓子なのだ。

甘さが控えめなので、甘いものが苦手な男性にも喜ばれるかもしれない。
※賞味期限が他のお菓子と比べて短いので注意!

■ 博多駅内で買える場所:アミュプラザ博多1F (ジャンプ先URL:https://www.jrhakatacity.com/floor/)
■ 最安値:1,620円
■ 賞味期限:7日

16位【堂島プティロール】

堂島プティロール

「http://www.dojima-mcc.com/」より引用

言ってしまえば「福岡発祥のお菓子ではない」大阪発祥のお菓子である。

だが、博多駅でも購入が可能であるし、何よりおいしい。

日持ちしないというデメリットがあったお菓子「堂島ロール」だが、2016年6月に発表された「堂島プティロール」はクリームの製造方法を変えることで日持ちしないデメリットが無くなった!

なので、帰る場所が大阪以外の人には、オススメできるお土産の一つなのである。

ただ、間違っても「福岡発祥のお菓子なんだよ!」と言わないように注意しよう!

■ 博多駅内で買える場所:博多阪急地下1F パティスリーモンシェール (ジャンプ先URL:https://www.hankyu-dept.co.jp/hakata/floor/b1.html/)
■ 最安値:1,188円(5個入り)
■ 賞味期限:30日(冷蔵庫で保存)

15位【博多 一幸舎(いっこうしゃ)の豚骨ラーメン】

博多_一幸舎

「http://ikkousha.net/」より引用

福岡の本格豚骨ラーメンを自宅で再現できる!
2食で864円・・・つまり、1食あたり432円ということである。

これを安いと見るか、高いと見るかは人によって感想に違いがあると思うが、豚骨ラーメンの本場「福岡」でも人気のラーメン店の味を自宅で楽しめると考えると、決して高くはないと我輩は思う!

ラーメン好きの人へのお土産としてチョイスするが良いだろう!
内包してある数自体は少なめなので、大人数へのお土産としては適していないぞ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop54.html)
■ 最安値:864円(2食入り)
■ 賞味期限:製造日より60日

14位【博多じまん】

博多じまん

「http://image.rakuten.co.jp/」より引用

一見「通りもんの別バージョン!?」と思ってしまいそうな見た目をしているが、実は別物のお菓子なのである。

外見こそ似ているものの、中身はギッシリ詰まった「粒餡」

食べ応えもあり、和風のテイストを前面に押し出したお菓子となっているぞ!
「粒餡が苦手!」という方には適さないお土産だが、粒餡が大丈夫な人には十分におすすめできるお菓子だ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop39.html)
■ 最安値:730円(6個入り)
■ 賞味期限:約3週間~4週間

13位【博多ぽてと】

博多ぽてと

「http://art6.photozou.jp/」より引用

3種類の食べ方がある福岡のお菓子、それが「博多ぽてと」である。

3種類の食べ方とは「そのまま」「冷やす」「温める」の3つ、それぞれ違った感覚のおいしさを体感できるぞ!

我輩的には「冷やす」がオススメだ!
一度のお土産で相手を3回喜ばせることができる、素晴らしいお土産なのである!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop38.html)
■ 最安値:562円(4個入り)
■ 賞味期限:30日(常温保存)

12位【くるりくるり博多】

くるりくるり博多

「http://temiyaget.up.n.seesaa.net/」より引用

まずパッケージからしてオシャレ感が半端ない一品。
サクサクッとした円筒系のお菓子で、味は「あまおう味」「阿蘇ジャージー牛乳味」など・・・福岡、博多というよりは九州色が強い。

お菓子としての味もさることながら、パッケージのオシャレ感が非常に強いので、お土産で買って帰れば「なるほど、良いセンスだ。」と思われるかもしれないぞ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop9.html)
■ 最安値:540円(8個入り)
■ 賞味期限:製造日より120日(常温保存)

11位【博多豚骨ラーメン 名島亭(なじまてい)】

名島亭

「http://miku.millionwaves.com/」より引用

福岡・豚骨ラーメン(長浜ラーメン)の老舗として有名な「名島亭」
その名島亭のラーメンが自宅で味わえるというラーメンセットである。

15位で紹介した「一幸舎」と同様に博多を代表する豚骨ラーメンなので、ラーメン好きの人へお土産として渡せば喜ばれること間違いなしだ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop54.html)
■ 最安値:1,620円(4食入り)
■ 賞味期限:製造日より2ヶ月

博多駅にある店舗に食べに行ってきた記事を書いているので、良ければ!↓

10位【やまや 辛子明太子】

やまや_辛子明太子

「http://uds.gnst.jp/」より引用

福岡のお土産として代表的な「明太子」
その中でも我輩がチョイスするのは「やまやの明太子」である。

値段は他社の明太子より多少高額な傾向にあるが、やはり味は抜群に美味しいのである!

下記の値段は、明太子としてしっかり形を保持している一品の値段であり、お土産用ではなく個人用として購入を考えている人には「切子」と呼ばれる形が崩れてしまっているものがオススメだ!

切子ならば、内容量が多いものが安く購入できるぞ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop51.html)
■ 最安値:1,080円(100g) ※切子:1,580円(230g)
■ 賞味期限:14日(要冷蔵)

9位【博多ぶらぱい】

博多ぷらぱい

「http://art35.photozou.jp/」より引用

あの我輩オススメのお菓子「博多ぶらぶら」をパイ生地で包んでしまった一品である!

まさに、外はサクッ!中はモチッ(餅)!を体現したようなお菓子であり、餡子の甘さと2種類の食感が相まって、お得感が凄いお菓子なのだ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop17.html)
■ 最安値:650円(4個)
■ 賞味期限:製造日より10日

8位【博多なかなか】

博多なかなか

「https://image.jimcdn.com」より引用

ビーフジャーキーのような、明太子!博多なかなか!
この一品をお土産にチョイスすれば、お酒好きや、男性にとても喜ばれるだろう!

ビーフジャーキーに形状は似ているが、やはり明太子独特の風味が強く、福岡でなければ味わえないおつまみとなっている。

一度お土産として買った後、リピーターになったという人がとても多いのも特徴である。

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop55.html)
■ 最安値:340円(ドライ&皮ドライ 8g)
■ 賞味期限:90日(冷蔵保存) 30日(常温保存)

7位【努努鶏(ゆめゆめどり)】

努努鶏

「http://www.meritbank.net/」より引用

前回の記事【2016年版】絶対に喜ばれるオススメの福岡のお土産!で紹介した「華からっと」と同じ冷やして食べる唐揚げである。

商品コンセプトの一つ「おかずではなく、おやつ、おつまみに!」という考えどおり、おかずというよりはビールなど、お酒のおつまみに適した一品だ!

お酒好きの方にお土産として持っていけば、きっと喜ばれることだろう!
我輩は、あまりお酒が飲めないのでおつまみというよりは、おやつ感覚で食べることが多いぞ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop61.html)
■ 最安値:1,080円(約20本 250g)
■ 賞味期限:約1ヶ月

6位【博多このみパイ】

博多このみパイ

「https://tabelog.ssl.k-img.com」より引用

あの偉大なお菓子「博多ぶらぶら」を世に送り出した「博多菓匠 左衛門」
そこに、九州産業大学の力が加わり誕生したお菓子、それが「博多このみパイ」である!

個人的には、9位で紹介した「博多ぶらパイ」からの派生商品という感覚のお菓子で、オーソドックスな「餡子」から「抹茶」「チョコ」「カスタード」などなど・・・。

軸足を「博多ぶらパイ」として残しつつ、味のバリエーションを増やした一品なのだ!

「餡子が苦手!」という人にも、楽しんでもらえる味の種類の多さは、まさにお土産に持ってこいのお菓子なのである!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop17.html)
■ 最安値:210円(1個)
■ 賞味期限:製造日より10日(博多ぶらパイ基準) ※早めにお召し上がりください

5位【博多の女 あまおう苺ミルク味】

博多の女_あまおう苺ミルク味

「http://twitfukuoka.com/」より引用

やはり福岡にとって「あまおう」の存在は大きい。
特に福岡のお菓子業界にとっては、まさに革命的要素だといっても過言は無いであろう!

老舗お菓子「博多の女」に、あまおうを使うことで、これほどまでに美味しくなるとは・・・。

「博多の女」「博多の女 バナナミルク味」を賞味した人には、是非コチラも味わってほしい!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop38.html)
■ 最安値:562円(10個入り)
■ 賞味期限:30日(常温)

4位 【鶏卵素麺(けいらんそうめん)】

鶏卵素麺

「https://www.tsuruyahachiman.jp」より引用

「見た目はタマゴ麺!?えっ?これお菓子なの?」

はじめて見た人の多くは、お菓子なのか疑うことの多いお菓子、それが「鶏卵素麺」である!

見た目に騙されてはいけない、卵黄を糖でコーティングして麺のように仕上げたこの一品は、老人から子供まで幅広く喜ばれる一品なのだ。

「饅頭一個でも、量的にちょっとキツイ・・・」
そんな人でも、パラパラとほぐして食べることができる「鶏卵素麺」ならば大丈夫なのである!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop40.html)
■ 最安値:1,000円(1袋)
■ 賞味期限:約14日間

3位 【乾熟明太(かんじゅくめんたい)】

乾熟明太

「http://shop.gnavi.co.jp/」より引用

8位で紹介した「博多なかなか」とはまた違った食感、旨味!
ビーフジャーキーに近い博多なかなかに比べ、乾熟明太はどちらかと言えば「カラスミ」に近い食感なのである。

凝縮された濃厚な旨味を一度味わってみてはどうだろうか?
明太子と同様に、ご飯のおかずとしてベストマッチすること間違い無しだ!

■ 博多駅内で買える場所:デイトス みやげもん市場 (ジャンプ先URL:https://tarakomentaiko.com/shop/hakata.php)
■ 最安値:1,080円(25g)
■ 賞味期限:製造日から約3ヶ月(常温)

2位 【あまおう苺入りわらび餅 博多あまび】

博多あまび

「https://www.emotent.jp」より引用

出張や旅行から帰る当日、お土産を買って帰り、帰ったその日にお土産を他の人と食べる。
そういった方にのみオススメできる一品である!

なぜならば、味は折り紙付きで最高なお土産なのだが、賞味期限だけがネックなのだ!
なんと、買った当日、もしくは次の日までに食べなければいけないのである。

しかし、味は最高の一言なので、お土産としてチョイスできる場面が限られるが、オススメなのだ!

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop12.html)
■ 最安値:1,620円(250g)
■ 賞味期限:買った当日を含め、2日間ほど

1位 【博多ぶらぶら】

博多ぶらぶら

「http://chobi-diary.cocolog-nifty.com/」より引用

誠に申し訳ない!前回紹介したお土産は極力外して紹介しようと思ったのだが・・・。
これだけは、外せなかった!どうか、御勘弁願いたい!

躍動する博多ぶらぶら

「http://blogs.c.yimg.jp/」より引用

餅と餡子を組み合わせた非常にシンプルな、昔からある博多のお土産である。
しかし、これが本当に美味の一言に尽きるお土産なのだ!

未だに「博多ぶらぶら」を超えるお土産には出くわしていないのが、現状なのである。

■ 博多駅内で買える場所:マイング (ジャンプ先URL:http://www.ming.or.jp/floorguide/shop26.html)
■ 最安値:600円(6個入り)
■ 賞味期限:1週間

最後に

いかがだったろうか?

「博多駅内で買える場所」を一通りみていくと、ほとんどのお土産が「マイング」で買えてしまうことが分かると思う。

しかし、紹介したお土産の中には、アミュプラザ博多や博多阪急といった場所でしか買えない一品もある。

なので、買う場所については、十分に注意してお土産探しをしていただきたい!

話は少し変わり、やはり個人的に「博多ぶらぶら」を超えるお土産は存在しないというのが、現在の持論なのだが・・・。

今回紹介したランキングを見て、もしかしたら「○○ の順位はもっと高いはず!」「○○ の順位が高すぎる!」と思った方もいるかもしれない。

しかし、味覚というものは人によって違うものなのである。
人それぞれ、と言ってしまえばそれまでなのだが、今回の順位はあくまで我輩の主観によるものなのだ。

その点は、どうかご了承いただきたい。

皆様のお土産選びに、少しでも参考になれば幸いである!

この記事を読んだ人に読んで欲しい記事

新着記事

きんしゃい!福岡 厳選オススメ記事!

きんしゃい!福岡 記事ランキング!

記事を書いてる人達

ゲジマユ君

サイコ・ショッカー

係長

Hakataイエロー

※画像をクリックすると、書いた記事一覧を見れるぞ!