福岡の【烏骨鶏スープの店天照】にあるラーメンが途轍もなく美味!

福岡のラーメンは【豚骨】だけではありません!

皆さん、こんにちは。
ゲジマユ君である。

福岡、博多のラーメン・・・

と聞いて、皆さんは「何味のラーメン」を思い浮かべるだろうか?

おそらく【豚骨ラーメン】を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

実際のところ、福岡、博多には【豚骨ラーメン】を提供しているラーメン屋が一番多い、これが現実である。

・・・決して【豚骨ラーメン】を非難するわけではないのだが・・・

  • ラーメンを食べるなら、できれば【スープ】まで飲み干したい
  • 油っこいものを食べるのが、最近辛くなってきた
  • 飲み会の締めに【豚骨ラーメン】を食べるのがきつい

【豚骨ラーメン】といえば・・・

「コク」「コッテリ」「アブラ」「ニオイ」

これらの要素を長所として売りにしているラーメンだと思うのだが、こういった要素群は人によって「短所」にもなってしまうのである。

そこで、今回は

【福岡に来て、または福岡に住んでいて、豚骨以外のラーメンが食べたい人】

のために、我輩的に最高クラスの【オススメ味噌ラーメン屋】を紹介したいと思う!

  • 「出張で福岡に来たけど・・・やっぱり福岡って豚骨しかないの?」
  • 「確かに、豚骨ラーメンは美味しいけど・・・食べ過ぎて正直、飽き気味なんだよね・・・」
  • 「食べ歩きをしていて、醤油、豚骨、塩ラーメンの美味い店は見つけたけど、味噌はどこにあるんだ・・・」

こういった考えを持っている人に是非読んで欲しい記事となっている!

福岡にある【烏骨鶏(うこっけい)スープの店 天照】とは?

※うこっけいスープのお店 天照(http://ukokkeisouptenshou.web.fc2.com/index.htmlより)

実は隣に「つけ麺」の店があるのだが、機会があればそちらも紹介しようと思う!

この店の誠に美味な味噌ラーメンについて語るには、まず皆さんに【烏骨鶏スープ】について知ってもらう必要がある。

というわけで、まずは【烏骨鶏スープ】の説明から入らせていただく。

【烏骨鶏スープ】とは?

※画像はイメージ

一般的なニワトリのみならず、鳥類全般から見ても特異な外見的特徴から、中国では霊鳥として扱われ、不老不死の食材と呼ばれた歴史がある。
実際、栄養学的に優れた組成を持ちまた美味であるため、現在でも一般的な鶏肉と比較して高価格で取引されている。
また、卵も同様の理由により非常に人気が高く、産卵数も週に1個程度と少ないことから、一般的な鶏卵と比較して非常に高価である。
※「https://ja.wikipedia.org/」より引用

どういう鶏なのか要約すると、つまり・・・

  • 栄養学的に優れている
  • 凄く美味
  • 一般的な鶏と違い、高価である

という、何とも「ありがたみ溢れる鶏」なのである。

この【烏骨鶏】のスープを余すことなく使用している味噌ラーメン・・・

それが【天照のラーメン】なのだ!!!

というわけで、実際に行って食べてきた

天照【薄口味噌ラーメン】 (撮影=編集部)

具は【シャキシャキの細もやし】と【小さく刻まれた鶏肉】!

今回いただいたのは【味噌ラーメン 薄口】であるが・・・

ラーメンの構成自体は【シンプル】の一言に尽きる。

ラーメンといえば普通「チャーシュー」「タマゴ」「のり」「メンマ」などを基本的な具としており
基本形としてこの具の少なさは、中々大胆であると言わざるを得ない。

見た目だけみれば、人によっては「物足りない」と感じるかもしれないが、実際に食べていただければきっと満足してもらえると思う。

ここからは少しの間、擬音を挟んで食べ進める様を表現しようと思うので、よろしくお願いしたい。

まずは、自慢の【烏骨鶏】を使用した味噌仕立てのスープから・・・

正円に近い形状のレンゲを用いて少量のスープをすくう・・・そして口へ・・・

フーッフーッ

ズズズッ・・・

音を立てるのはマナー違反かもしれないが、あいにく我輩は一人で食べに行っていた、加えて席も空いていたので周りを気にする必要もなし!

口内に広がる微かな味噌味・・・

かつて数々の食レポを行っていた芸能人【阿藤快】は、長年食レポを続けてきて一つのことに気付いたという。

「美味いっていうのは、甘いってことでもあるんだ」

と・・・

このスープは正にそれなのだ、美味いからこそ甘い。

これなら冗談抜きでいくらでも飲めそうである。

さて、スープの味を少し堪能したところで、お次は具である。

もやし・・・それも、細い。

この細もやしを、スープに十二分に絡ませ食す。

シャク、シャク、シャクン

合う・・・絶妙という言葉すら最早軽く聞こえてしまうほど、この細もやしは味噌スープと噛み合う!

待てよ?この細もやしと麺を同時に食べたらどうだろう?

発想と共に、我輩はそれを行動に移していた。

フーッフーッ!
ズバババババ!・・・ハム、ハフハフッ、モニュモニュ・・・
・・・シャクッ!シャクシャクン!

ああ、やはりそうだ。

我輩の見立ては間違っていなかった。
細もやしだけでも美味しいというのに、麺も同時に食べると、これまた格別。

合間にスープを、

ズズズ・・・

今度はレンゲではない、器ごと持ち上げて飲む、飲む。

ズズ・・・ズズズ・・・ゴクッゴクッ・・・ゴッゴッ・・・
ズルズルズル!ズバババ!・・・モキュ、シャクシャク、モキュモキュ・・・

箸が止まらない、おっと!!!

気付くと鶏肉と細もやしは食べつくしてしまっており、麺も残り僅かである。

まだまだ、我輩の腹は満足しそうにない。

となると・・・

「替え玉」だ。

麺を1玉追加、スープの残り的にも、おそらく麺を食べきるのと、スープが無くなってしまうのは同時期であろう。

ズズズズズ!
ズババババ!ハフハフッ!

ズズ、チュル、ズズズズズズ!

プハーーーー!

天照_味噌ラーメン_薄口完食

※(撮影=編集部)

あぁ・・・本当に美味しかった、どこが、何が、美味しかったとかではない・・・

ただただ、美味しかった。

最早、詳細を長く語るのは蛇足というもの・・・。
感想はそれだけなのである。

味噌ラーメンだけじゃないぞ!【天照】

天照_餃子 (撮影=編集部)

パッっと見ると、中身が緑っぽい餃子なのだ!

実は、今回注文した料理は【味噌ラーメン】だけではなかった。

【餃子】も一緒に頼んでいたのだ!

福岡では広く親しまれている【一口餃子サイズ】で、食べやすい。

天照_餃子_断面図

※(撮影=編集部)

少し分かり辛いが、具は野菜多めである!

サイズの小ささもあって、6個もあった餃子は、ものの数十秒ほどで無くなってしまったぞ!

あの有名人が!?【天照】のリピーター

※画像はイメージ

なんと【天照】には、すごいリピーターがいたのである!

彼の名は

【石村勝巳】

日本ボディビル界で知らぬ人はいないであろう、というくらい有名な人である!

かつて、ミスターオリンピアという

「プロボディビル界の最高峰」とも呼べる世界的な大会

日本人として唯一出場を果たし、シニアの部で1位になるほどの人なのだ!

店内に、店に対しての感謝のメッセージをまとめたファイルが置いてあるので、気になった人は行った際に覗いてみると良いだろう!

【天照】詳細情報

天照_外観 (撮影=編集部)

店舗所在地:福岡市中央区舞鶴2-1-8
喫煙可 or 禁煙:全席禁煙
営業日:毎週 火曜日~日曜日
営業時間(平日):【11:00 ~ 15:00】【18:00 ~ 21:30】
営業時間(土日祝):【11:00 ~ 19:00】
定休日:毎週月曜日、お盆、年末年始
公式ページURL:http://ukokkeisouptenshou.web.fc2.com/index.html

気になった方は、是非一度足を運んでみて欲しい!
きっと満足できるはずだぞ!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする