福岡の水族館『マリンワールド海の中道』見どころを徹底紹介!

皆さん、こんにちは。
ゲジマユ君である。

2017年4月にリニューアルオープンした、福岡を代表する水族館『マリンワールド海の中道』

実は吾輩は水族館が大好きなのだが、どうにもタイミングが合わずなかなか行けなかったのだ。しかしつい先日、ようやくまとまった時間が作れたので行ってきたぞ!

今回は吾輩が撮ってきたたくさんの写真とともに、マリンワールド海の中道の魅力を全力でお伝えする!

今更感がハンパ無いとか、野暮なことは禁止だ!ぜひ見ていっていただきたいのである!

目次

イルカのモニュメントがお出迎えだ!

※撮影:編集部

JR香椎線『海ノ中道駅』から歩くこと数分でマリンワールド海の中道に到着である。

まずはこのイルカのモニュメントが目に飛び込んでくる。躍動感いっぱいで、今にも動き出しそうなくらいリアルでカワイイのだ。

写真奥に見えているのがマリンワールド海の中道の建物である。吾輩としたことが建物外観の写真をうっかり撮り忘れてしまった(笑)。貝をイメージした造りなのだが、お分かりいただけるかな?

※撮影:編集部

入場チケットを買うために並んでいるところだ。マリンワールド海の中道の大きなロゴに視線を奪われてしまい、思わずシャッターを切った次第である(笑)。

さあ、ここから大人も子どもも心ときめくマリンワールド海の中道の世界へ飛び込もうではないか!

エントランス

※撮影:編集部

このエントランスにあるモニュメントは、上から下へと水が流され続けているぞ。不思議と長時間眺めていても飽きず、吾輩はついつい20分ほどここでぼけーっと過ごしてしまった(笑)。

エントランスは非常に広い造りになっていたぞ。天井が高く開放感抜群、さらに腰を下ろせるベンチがいくつか設置してあったな。ゆったりくつろげる空間、そんな言葉がピッタリに思える素敵なエントランスである。

早くも見どころ到来!玄界灘水槽

そしてエントランスから順路に沿って歩いていくと、いきなりリニューアルの目玉が登場だ!

※撮影:編集部

『玄界灘水槽』と名付けられたこの水槽のテーマは『九州の海』。まずは福岡の海ということで玄界灘から始まるわけだな。床から天井にかけて曲線を描いたデザインで、幅が約5メートルの水槽である。

玄界灘といえばやはり荒波であろう。その荒波を再現するため、1分ごとにザッパーンと人工的に作られた波が立てられているのだ。

※撮影:編集部

※撮影:編集部

※撮影:編集部

ほかにも佐賀県・呼子の水槽では名物であるアオリイカが元気に泳ぎ回る姿が楽しめるほか、ウミガメ・チンアナゴなど人気の生き物たちが暮らしているのだ。

パノラマ大水槽はリニューアル前と変わらず健在!

※撮影:編集部

地下1Fから2Fにあるパノラマ大水槽。マリンワールド海の中道を代表する水槽の一つであるため、当然リニューアルしても健在なのだ。一見何も変わっていないように見えるのだが、塗装や照明が変わっているらしいな。

この水槽にはとてもじゃないが数えきれないほどの魚たちが、自由奔放に泳ぎまくっているぞ。時々ダイバースーツを着た従業員が魚たちにエサをあげる様子が楽しめるので、一度は見るべきである!

※撮影:編集部

そして何と言っても一番の見どころはイワシが群れを成して泳ぐ光景だな。これは「イワシタイフーン」と呼ばれており、その迫力に度肝を抜かれることは間違いないのだ。

ホッとひといき・ペンギンの丘

※撮影:編集部

屋外「かいじゅうアイランド」の入り口にある「ペンギンの丘」
老若男女問わず大人気のペンギンはここで見られるのだ。見ての通り、ペンギンたちが好きに動き回れるスペースになっているぞ。

ちなみにペンギンの種類はケープペンギン。暑さに強い種類らしいので、九州・福岡でも悠々と過ごせるのだ。

水族館の花形!イルカ&アシカショー

※撮影:編集部

水族館と言えばコレは見逃せないだろう。イルカとアシカのダイナミックなショーが楽しめるスペースである。

リニューアル前との主な違いは以下だ。

・客席とステージ&プールが近くなり、迫力と臨場感がアップ
・ステージのバックボードが取り外され、博多湾が広がる光景とともに楽しめる
 ※天気が良い日なら海越しに福岡市街地が見える

バックボードの有無は、こんなにも違うものかと吾輩は驚いたぞ。視界が思いっきり開けたおかげで開放感が凄いのだ。まさに大海原を自由に泳ぐイルカたちに相応しいステージになったのではないだろうか。

海の中道にはこんなところもある

マリンワールドがある海の中道海浜公園には、ほかにもたくさんのレジャー施設があるのだ。

季節の花が楽しめる

四季折々の花が咲き乱れることで有名な海の中道。花が主役のさまざまなイベントが開催されているのだ。

・海の中道フラワーピクニック(3月下旬~5月上旬)
・うみなかバラまつり(5月中旬~6月上旬)
・うみなかはなまつり(10月上旬~11月上旬)

これらのイベントは非常に人気が高く、毎年多くの人が訪れているぞ。きんしゃい!福岡では、以前うみなかはなまつりを取り上げたことがあるので、お花が好きな方はチェック推奨である。

関連記事

福岡の海の中道海浜公園で開かれる「うみなか はなまつり2018」について紹介しています。自然豊かな公園で色とりどりの花々を楽しめるイベントですよ。ただ花を眺める以外にも楽しみは盛りだくさんなので、ぜひこちらの記事で情報を集めてみてください。

アウトドアレジャー施設が充実

キッズ向け遊具やBBQ施設、サイクリングなどが楽しめるのだ。夏には大型のレジャープール「海の中道サンシャインプール」が大盛況である!

海の中道のアウトドアな楽しみ方は、以下の記事で取り上げたことがあったな。ページ中部以降でまとめてあるのでぜひご覧いただきたい!

関連記事

福岡の屋外テーマパーク・遊園地情報をたくさん紹介しています!福岡の遊園地だけでなく、動物園や植物園、牧場、プールなどなど。恋人やご家族のお出かけにピッタリな福岡の遊びスポットを取り上げているので、ぜひチェックしてみてください。

自然に触れ合える体験の数々

海の中道海浜公園でとれた木の実や木々を使った木工作体験や、広大な敷地を使用した野鳥観察ができるぞ。小さな子どもはもちろん、大人でも思わず童心に返ってしまうことは間違いないであろう。吾輩もつい子どものようにはしゃいで楽しんでしまったのだ(笑)。

かわいい動物がいっぱい!

自然動物園をテーマにした「動物の森」
海の中道海浜公園屈指の人気スポットと言っても過言ではないだろう。ロバ・リスザル・カピバラ・カンガルーなど、約50種類500匹の動物たちがのーんびりとここで暮らしているのだ。

動物たちを間近で見られるだけではなく、実際に触れ合えることから人気を呼んでいるぞ。

マリンワールド海の中道をお得に楽しむ方法

魅力が盛りだくさんのマリンワールド海の中道だが、参考までに入館料は大人で2,300円である。これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれだろう。しかし安く利用できるに越したことはないのはみんな共通ではないだろうか?

実はマリンワールド海の中道には、割引クーポン・割引方法がたくさんあるのだ。

しかし中には特定のクレカ提示や特定の携帯電話会社と契約しているといった、条件付きで割引が受けられるものがあって正直面倒である。よってここではお手軽に利用できる割引クーポン・割引方法を抜粋して紹介するぞ。

コンビニで前売り券を買う

セブンイレブンのマルチコピー機やファミリーマートのFamiポートから前売り券を買うだけだ。大人・高校生なら200円引き、幼児~中学生は100円引きになるぞ。

交通機関の乗車券とセットの割引チケットを買う

JR・西鉄電車・路線バス・船を利用してマリンワールド海の中道に行くならこちらがオススメだ。大体300円~700円引きになるため、割引額が大きくてお得である。

何度でも通いたくなる!マリンワールド海の中道!

以上が福岡の水族館・マリンワールド海の中道の紹介だ。

リニューアル前はそれこそ数えきれないほど吾輩は訪れただけに、今回のリニューアルであちこちが大きく進化を遂げていて本当に驚いたものだ。観光客らしき姿が多く、平日にも関わらず大盛況だったぞ!

次回はもっと写真を撮ってきて、皆さんにマリンワールド海の中道の楽しさを隅々までお伝えしたい次第である!

最後にマリンワールド海の中道の詳細情報を載せておくので、ぜひ参考にしてほしい。

詳細情報

住所 福岡県福岡市東区西戸崎18-28
電話番号 092-603-0400
営業時間 3月~11月 9:30~17:30
12月~2月 10:00~17:00
ゴールデンウィーク 9:30~21:30
夏休み 9:00~21:30
クリスマス 10:00~21:00
休館日 2月第1月曜日とその翌日(2日連続)
入館料金 大人  2,300円
高校生 2,300円
中学生 1,200円
小学生 1,000円
幼児  600円
シニア 1,840円
※ほかにも年間パスポート・一般団体割・学校割引あり
公式サイトURL https://marine-world.jp/

福岡にはほかにも楽しめる観光スポットが盛りだくさんだ。

たとえば以下の記事では博多駅から近い観光スポットを取り上げているぞ。福岡観光を効率よく、サクサクとあちこちを見て回りたいという方の助けになるであろう。

関連記事

博多駅の近くにある観光スポットを取り上げています。博多駅から離れていないためアクセスは簡単です。時間をかけずにサクッと観光することができますよ。「旅行で福岡に来てるけど少しだけ時間が空いた」そんなときはこちらの記事を読んでみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする