気になるカロリーは?『博多の女』5種類を徹底レビュー【福岡銘菓】

皆さん、こんにちは。
ゲジマユ君である。

今回は福岡のお土産の一つ『博多の女(ひと)』を取り上げるぞ。

通りもんやめんべいといった超有名な福岡のお土産と比較すると、どうしても影が薄いことは否定できない。
しかし!福岡のお土産としてのポテンシャルは相当なものを秘めているのだ!

モンドセレクションで8年連続金賞を受賞するほどで、その美味しさは折り紙付きである。
もっと多くの人に博多の女を知ってもらうために、今回の記事を執筆したに至ったのだ。

さっそく順番に紹介していこう。

博多の女ってどんなお菓子?

「そもそも博多の女とは何ぞや」と言うところから始めよう。

簡単に言うと小豆羊羹をバームクーヘンで包み込んだものだ。
和洋折衷をコンセプトとし、それを見事に実現した銘菓である!
甘いもの同士の組み合わせではあるが、双方とも程よい甘みでバランスよく共存しているのである。

不思議と食べ飽きない懐かしいその味は、お土産としてはもちろんではあるが、地元福岡県民が自分用に購入するケースがとても多いんだとか。

吾輩もよく購入するのだが、小腹が空いたときにちょうど良いのだ。
その理由は、食べやすい一口サイズで作られていること。
さらに1つずつ個別包装されているので、気軽に食べられるのである。

パッケージには博多の伝統工芸品である博多人形がプリントされており、福岡のお土産として喜ばれることはまず間違いないであろう。

博多の女の種類

博多の女は先に紹介したもの(便宜上オリジナル味と呼ぶ)のほか、4つのバリエーションが存在しているのだ。
一つずつ紹介していくぞ。

博多の女 あまおう苺ミルク味

その名の通りで、福岡の特産品『あまおう苺』を使用した博多の女である。

どこにあまおう苺を使用しているかというと、バームクーヘンと羊羹両方だ。

羊羹はあまおう苺・練乳・ホイップクリームを加えたミルクテイストである。
バームクーヘンはあまおう苺ならではの甘酸っぱさが加わって、しっとり感が増した生地に仕上がっているのだ。

あまおう苺の優しい味わいの羊羹と甘酸っぱいバームクーヘンとの相性は、思いのほか抜群である!
これはぜひ食べてもらわないと伝わらないであろうな(汗)。

また、パッケージは博多人形ではなく洋服を着た女性へ変更されているぞ。

あまおう苺のお土産については、過去に以下の記事でも取り上げたことがあったな。

関連記事

福岡の名物として全国的に有名な【あまおう苺】。福岡には、あまおう苺を使用したお土産がたくさん販売されています。今回は、その中からおすすめのお土産をランキング順にご紹介!あまおう苺のお土産に悩んでしまったら、ぜひこの記事をご覧ください。

もちろん博多の女あまおう苺ミルク味もバッチリ紹介しているので、ぜひご覧いただきたい!

博多の女 バナナミルク味

こちらはバナナ味のバームクーヘン+白餡ベースのミルク羊羹を組み合わせたものである。
2016年に初めて販売され、毎年期間限定で製造&販売されている人気商品だ!

バナナの甘さとミルク羊羹の奥深い甘さが絶妙にマッチング!
和洋それぞれの素材の美味しさが見事に合わさった名品と言えるであろう。
口いっぱいにほわっと広がるバナナの風味を存分に楽しんでいただきたい!

パッケージはあまおう苺ミルク味と同じ方向性が特徴だ。
モダンな服装の女性が頭上にバナナを携えた楽しいデザインである。

博多の女 ハチミツレモン味

博多の女の販売開始から40周年を記念して作られた『博多の女 ハチミツレモン味』。
ハチミツ&レモンを加えた白餡と、レモン風味のバームクーヘンの組み合わせである。

レモンで甘さが抑えられた爽やかさが特徴だな。
もちろん博多の女が持つ「どこかほっとする味わい」はしっかりと健在だ。

パッケージはこれまでと違って少女が描かれている。
ハチミツレモン味の爽やかなイメージから、大人の女性ではなく少女を採用したのだそうだ。

博多の女 八女抹茶味

福岡の名産である八女茶と博多の女が夢のコラボである。
バームクーヘン・餡の両方に八女抹茶を贅沢に使用した至高の一品だ。

抹茶・小豆羊羹・バームクーヘンが織り成す素朴で上品な味わいが特徴的だな。
パッケージはこれまた独特で、茶摘みに携わる女性が今風のタッチで描かれている。

これに関しては在庫限りで販売終了となる見込みだ(2019年2月時点)。
気になる方はお早めにオンラインショッピングで購入することをオススメするぞ。

ちなみにきんしゃい!福岡には、八女茶を使用したスイーツをまとめた記事があるのをご存知だろうか?

関連記事

実は福岡では八女茶という有名なお茶が栽培されているのをご存知ですか?今回はお土産にもピッタリの八女茶と、八女茶を使用して作られたスイーツを厳選してご紹介します。明太子や通りもん以外のお土産をお探しの方必見ですよ!

福岡が誇る名産品・八女茶が気になるアナタはチェック必須である!

博多の女 気になるカロリーは?

博多の女 カロリーは?

食べやすい味に仕上がっている博多の女だが、それ故につい食べ過ぎてしまうことが多々ある。
特に女性が気になるのはカロリーであろう。

博多の女のカロリーは以下のようになっている(それぞれ1個当たり)。

オリジナル味 77.6kcal
あまおう苺ミルク味 69.4kcal
バナナミルク味 62.5kcal
ハチミツレモン味 75.4kcal
八女抹茶味 64.4kcal

1個当たりはそれほど高くないことがお分かりいただけたと思う。
食べたい欲求と摂取カロリー量とを上手く調節しつつ楽しむのだぞ(笑)。

博多の女は福岡を代表するお土産の一つなのだ!

以上、福岡のお土産である博多の女を紹介してきた。
思わず熱くなってしまうほど、魅力的で魅惑的な銘菓なのだ!

ここまで書いておいてなんだが、やはり食べ物は実際に食べてみることが一番であろう。
以下に博多の女を製造・販売している『博多菓子工房 二鶴堂』の詳細情報を記載しておく。
公式サイトからオンラインショッピングが利用できるのだ。

遠方に住んでいる方もぜひ!このゲジマユ君に騙されたと思って一度ご賞味頂きたい!(笑)

「博多の女」詳細情報

公式HP https://www.nikakudou.co.jp/index.html
買える場所(博多駅構内) マイング 和菓子通り
販売価格(オリジナル味) 6個入り329円~40個入り2,160円(税込)
賞味期限 30日(常温保存)

博多の女を含む福岡のオススメお土産を取り上げた記事があるので、最後に紹介しておくぞ。
福岡のお土産に悩んだ際にきっと道標となるであろう。

関連記事

福岡のお土産は博多駅だけでも【通りもん・めんべい・筑紫もち】など、かなりの種類を取り扱っています。「数が多くて選びきれない」という方のために、福岡県民が選ぶ博多駅で購入可能なお土産をBest30まで選出しました!ぜひ参考にしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加