福岡では肉まん+酢醤油が常識!その理由と正しい食べ方はコレだ!

寒い日には肉まん

寒い日……コンビニ……ときたら、みんなは何を連想するっちゃろうか?
あったか~いおでんも捨てがたいが、やっぱりHakataイエローの一番は肉まんばい!
アッツアツの肉まんに酢醤油を垂らしてかぶりつく……たまらんね!

え?何で肉まんに酢醤油なのかって?

そんなん福岡の常識ばい!!!

コンビニで肉まんを買ったら無言で酢醤油をつけてくれるほど浸透しとるんよ!
何もつけんで食べるとか、からしをつけて食べるとか、そっちのほうが違和感バリバリやけんね!
でもよく考えたら何で酢醤油なのか俺も知らんかったけん、ちょうどいい機会やと思って調べてみたったい。

ルーツは中国の点心?

中国の点心がルーツ?

結論からいうと、はっきりした記録は残っとらんらしいばい。
一説にはこんな感じらしいとよ。

1.中国には点心(菓子や軽食など)を黒酢で食べる文化がある
2.その文化が長崎の出島へ入ってくる
3.長崎の中華街で酢醤油をつけて食べる中華料理が流行る
  ※昔の日本には黒酢が無く、酢醤油で代用した
4.長崎の中華街で好評だった、中華まんを酢醤油で食べる文化が福岡に入ってくる

「福岡の常識ばい!」って最初に豪語したっちゃけど、
実は長崎県と熊本県でも肉まんは酢醤油で食べる地域があるらしいばい(笑)。
その理由も上記の説が正しければ福岡に伝わる途中だってことで、納得できるってもんやね。

肉まんを酢醤油で食べる際の注意点

ビギナーがやりがちなミスがあるけん、紹介しとくばい。

それは、肉まんにいきなり酢醤油をぶっかけること!

※撮影:編集部

肉まんは丸い形をしているうえに、表面の皮は結構ツルツルスベスベばい。
そこに酢醤油をかけようもんなら……表面を伝って垂れ落ちるのは当然やね。

手やテーブルは汚れるわ、結局酢醤油の素晴らしさが味わえんわで良いことナシたい!

正しい食べ方

※撮影:編集部

1.肉まんを半分に割る or 一口だけ先に食べる
2.断面に酢醤油を垂らす

そう、表面ではなく断面に酢醤油を垂らして染み込ませるったいね。
これなら酢醤油をこぼすことは無いし、皮の内側や肉にしっかり染み渡ってサッパリ美味しく食べられるんばい。

または小皿に酢醤油を入れて、肉まんの断面にチョイチョイとつけながら食べるのもアリやね。

福岡じゃなくても気軽にチャレンジ可能!

肉まんと酢醤油の組み合わせは誰が何といおうと最強ばい!

俺はこの美味しさをもっと多くの人に知ってもらいたいと思っとる。
関東や北海道など、いろんな地域の知り合いに食べさせたことがあるんやけど、
みんな口を揃えて「え、こんなに美味しいの!?」って絶賛しとったけんね。

肉まん+酢醤油は万人受けする美味しさなんだと、俺は確信しとるったい!

福岡に住んでいなくても肉まんを買ってきてご自宅にある酢醤油を垂らすだけで楽しめるけん、
とにかく一度試してみんしゃい!

絶対後悔はさせんけんね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加